前へ
次へ

隣の家の木が邪魔な時の扱いを知る

自然には多くの木が生えています。
それぞれ生えている部分の土地の所有者の木になります。
その木が敷地内にしか影響を及ぼしていないときはまだよいですが、敷地外に迷惑をかけ出すと厄介です。
枝が伸びてきたり落ち葉がどんどん出てくるなどはよくあります。
根っこが下から出てくるなどもあります。
まず、枝は他の所有者のものを勝手に切り落とせません。
どうしても邪魔であれば、所有者に切ってもらうように依頼するしかないのが今の法律の考えになります。
落ち葉に関しても所有者が自分で処理をしないといけないなどの決まりはありません。
葉を減らすよう枝を所有者に切ってもらうしかないでしょう。
枝がだめなら根っこはどうかですが、敷地内に入ってきた隣の家の木の根っこは、敷地内での処理が可能です。
どうしても邪魔なら切るようにしましょう。
この論理からすると、タケノコなどが生えてきたとき、大元が他の家にあったとしても土の中から出てきたならその土地の所有者に権利があります。

Page Top